• 2020年7月4日
  • 2020年7月5日

妊孕性温存手術の基本的な考え方

前回は基本的な婦人科腫瘍の考え方を紹介しました。 今回は妊孕性の温存、つまり妊娠機能を保ちながらの一般的な治療について紹介していきます。   妊娠機能を保つということは、 ①子宮が存在すること、 ②卵巣(卵子)が残っていること です。 &n […]

  • 2020年7月1日
  • 2020年7月4日

医学生のための婦人科癌手術の基本

婦人科癌の治療は子宮全摘術であったり広汎子宮全摘術であったりと様々な手術が存在します。 広汎と準広汎の違いやリンパ節郭清の範囲などわからないことも多いと思います。 今回はそんな疑問に答えていきます。   2つの浸潤様式 婦人科癌の手術を考え […]

  • 2020年6月24日
  • 2020年7月5日

帝王切開の脊椎麻酔はどうして右側臥位でするの?

帝王切開の脊椎麻酔は右側臥位でします。   今回は帝王切開での麻酔についてまとめます。 はじめて帝王切開を見る研修医の先生や助産師さん向けの内容です。   帝王切開の麻酔 多くの施設では帝王切開での麻酔の方法として脊椎麻酔(俗にい […]

  • 2020年6月20日
  • 2020年6月24日

ALSO受験者必見!Lie, Presentation, Attitude, Position 欧米式の胎位・胎向・胎勢について

以前、医師国家試験で見慣れない文字がでてきました。 LOT いったい何の略なのでしょうか? これは欧米式の分娩時の胎児の向きの表現方法です。 ALSOは欧米式の表記方法で胎児の先進部や向きを表現するため、この欧米式の表記方法をおおまかに理解する必要が […]

  • 2020年6月19日

妊婦の体の変化 新しい切り口の産婦人科学講座

妊娠中は非妊娠時と異なり、体に様々な変化が起こります。 これはすべて胎児の成長、妊娠の維持、そして分娩時の出血に備えるための変化です。 ではどうしてこんなことが国家試験に出題されるのでしょうか? これは妊婦を診察したときに体の特徴を知っておくことは実 […]

  • 2020年6月17日

助産師さんと塩酸リトドリン(ウテメリン) 

さてこんなことはありませんか? 陣痛が順調にきていた人が、医師が内診しにきたら陣痛が遠ざかってしまった。 おそらくこんな経験はあるのではないかと思います。 今回はその謎に迫りたいと思います。   助産師さんの分娩時に果たす役割は本当に大切で […]

  • 2020年6月14日
  • 2020年6月17日

産科DICと血液凝固 新しい切り口の産婦人科学講座

今回は産科DICについて見ていきたいと思います。 ところでDICとはどんな病態か説明できますか? 僕も医学生のころは病態がよくわからなくて色々調べたことを覚えています。 まずDICを理解する前に、血液凝固について見ていきましょう。 血液凝固を理解する […]

  • 2020年6月6日
  • 2020年8月28日

産科救急の資格コース JCIMELS、PC3、ALSO、NCPR

産婦人科に携わると日々の業務で忙しいかと思いますが、ぜひその存在を知っておいてほしい資格コースが3つ存在します。   JCIMELS (ジェイシーメルス)Bコース・Aコース PC3(ピーシーキューブ) ALSO(オルソー)   今 […]

  • 2020年6月5日
  • 2021年1月5日

月経編1 新しい切り口の産婦人科学講座

今回からは、月経について考えていきます。 この講座を一通り読むとちょっと月経についてマニアックになれるかなと思います。 それでは新しい切り口の産婦人科学 月経編の始まりです。   ところで妊娠の始まりはいつでしょうか? 実は月経です。 月経 […]

  • 2020年5月31日
  • 2020年6月1日

胎児心拍数モニタリング編2 新しい切り口の産婦人科学講座

前回までは胎児心拍数モニタリングの基本的な読み方について説明しました。 今回はより実践的な判読方法について考えて見たいと思います。   大切なことは、 ①基線と基線細変動を確認すること です。 そして、モニター波形がなかなか取れない場合は、 […]